2012_03
28
(Wed)19:08

自分のための発表会~ご報告追記

本日

3月中旬から下旬にかけての音楽三昧のスケジュールがようやく落ち着き、同時進行で息子の大學進学のため県外に送り出す準備を進めております。

今日は、去る3月18日に開催した「自分のための発表会」の詳細をご報告・・・。
すでに、鑑賞されたお客様方、発表会に参加された方から、感想や記録用ビデオを編集したDVDなどが届いており、早く私もブログにアップしたいと思いながら・・・今日になってしまいました。

さて今回、6年ぶりの発表会開催となりました。
子どもに手が掛からなくなったことと、レッスン生のご成長を感じるに・・・人の前で表現する楽しさを味わう体験をして欲しいなぁ~と思ったのが開催した動機です。

「自分が楽しむための発表会」・・・文字通りです。

発表会に出る出ないもご本人の意思を尊重し、「出てみます。」「出たいです」と手を挙げられた方々に参加していただきました。もちろん、発表会に出なくても、聴きにいきます!と多くのレッスン生が会場に集まってくれました。

主人のカルチャーセンターの生徒も含めて、小学生から上は90代のおばあちゃままで・・・15名の生徒が発表を楽しみました。

午前中から始めた、ウォーミングアップと通しリハーサル。開場ぎりぎりまでかかったリハーサル。
主人も私も、音響で手伝ってくれたスタッフも昼食抜きで・・・皆さんの発表の準備に力を添えました。(私は、あまりにお腹すきすぎて・・・5分の隙間にちょっとパクつきました。)

まずは、4年間レッスンを続けている小学5年生のMちゃんがソングリーダーつとめ、会場のみなさんで「ドレミの歌」を大合唱。
DSCN0698-1.jpg
これで、すっかりアットホームな空気に包まれ、お客様も出演する人たちの心も和んだように感じました。

かわいい小学生数名の発表のあと、大人の発表にすすみました。
DSCN0702-3.jpg    DSCN0706-3.jpg
DSCN0716-3.jpg    DSCN0739-3.jpg
ギター弾語り~まだ1年未満の生徒さんでしたが・・・とってもすてきでしたよ~

DSCN0719-3.jpg    DSCN0718-3.jpg
60歳からの手習いでスタートされた歌レッスン生徒、そしてオカリナ吹きは、90代のおばあちゃま!
趣味を持って人生楽しむって素敵ですよね!

一部の人たちは、人前での発表、初デビューです。・・・一人一人、リハーサルよりも上手く活き活きと演奏されました。大きな勇気を出して臨まれた、初デビューの皆さんに大きな拍手です。

二部は、人前での演奏経験がある人たち。経験していてもみなさん、ドキドキしたそうです。
IMGP3339-3.jpg    IMGP3343-3.jpg
IMGP3348-3.jpg

曲はジャンル様々で、とても楽しい会になりました。

今回の発表で、熊本を離れるYちゃん。すてきな表情で沖縄ソング歌われました。
DSCN0741-1.jpg

それぞれの発表にコメント入れてご紹介したいところですが・・・まだ全員のアンケート回収と画像アップの許可Fいただいておりませんので、ご紹介はこれくらいに。
ホームページなどでもご紹介する予定です。

早速届いた小学生からのアンケートは・・・イラスト入り~
スキャン0001-1    スキャン0002-1

「たくさんの人の前でドキドキしたけど、歌ってみると楽しかった!」表現はそれぞれ少し違いましたが、三人の小学生の感想です。

またいち早く、アンケートを郵送で届けてくださったAさんは、用紙いっぱいに感想を綴ってくださっていました。さして最後に・・・
「私に発表会出演の勇気と機会を下さった由美子先生に感謝です!!」
と書いてあり、涙がでました。
私は、ボイストレーニングは、声の成長と共に・・・心の成長、生き方をも変化すると意識しながらレッスンに務めています。それがばっちり伝わっていたことに多くの喜びと確信、そして自分自身の役割を再認識させていただきました。

そうそう休憩時間のティータイムでは、娘の手作りのチョコ菓子がありみなさんとても喜ばれました。
スポンサーサイト
2012_03
01
(Thu)22:25

卒業式

本日、
高校生の息子の卒業式でした。

昨日はあんなに良いお天気だったのに(涙)・・・雨音と共に気温が下がり、卒業式の進行と共に体育館はとっても寒くなりました。でも、たくさんのご祝辞をいただき、子どもたちの「蛍の光」「仰げば尊し」・・・良い卒業式でしたよ。

特に式後の映像による思い出鑑賞、現学年主任の先生や子ども達からのコールで登場された前任の学年主任の先生による感情あふれるお言葉とメッセージを込めた歌には、心がとっても温かくなりました。

まずは学年主任の先生の一言目・・・子どもたちを慈しむように眺めた後に
「大きくなったね~~~」
ぇっ、小学生相手とおもうぐらいの言葉掛け。この一言で先生の人となりが伝わってきました。
また先生が、最後に君たちにメッセージを込めてこの歌を贈ります。・・・と
「果てしない~ 大空と 広い大地のその中で いつの日か 幸せを自分の腕でつかむよう~~~♪♪♪」
涙がでました。

歌って、気持ちがストレートに届いてきます。

次に子ども達からのコールでマイクを握った前学年主任の先生は、言葉を発したとたんに涙があふれ出し、「おめでとう~」がやっとの感じでした。

よか先生たちに囲まれていたのね!!!
そんな思いました。

教室では、担任の先生が一人一人に卒業証書を全文読んで手渡され、子どもたちは一言ずつ感謝の言葉を述べ、にぎやかでユニークなクラスだったことがうかがえました~。
担任の先生も熱血のすてきな先生で・・・感謝、感謝の思いです。

子どもたちの成長に感無量の一日!!!

ゆうきくん、卒業、おめでとう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。