FC2ブログ
2010_05
20
(Thu)07:48

悲しかったこと、楽しかったこと。

本日

ここ数日雨が続きました。
忙しくもあり楽しくもあり、毎日あっという間の時をすごしていますが、この連日の雨のように・・・ここ数日悲しいことが続けておきました。
ショックだったり、腹が立ったり、・・・気にしなければ通り過ぎるだけのことでも、そのことに考えが留まるのでいつまでもクルクルと気持ちが変わらず「はっ~~~」と落ち込みため息の連続。

でも多分、流れが変わる兆し。

合う者と合わない者には、必然的に起こる流れ。人としての根っこが『真実』と向き合っているか向き合っていないかは大きく分かれてくる。しょうがないね~と思いながら、少し悲しい気分。

それから、私たちが本当は向き合わないといけないこと・・・、幾分大きな波を受けながらもそのような流れに現実が動き出した。
というか、行動を起こさなくてもなんとなく流れていたので、「まあ、これでいいかぁ~」と少し楽チンしていたので、神様が向き合わないといけないことをしっかりと提示してくださったような・・・

さて、今月からレッスンがスタートした園がありますが、子どもたちの反応に心がワクワクしております。ほんとに、子どもって素直に感情を表現してくれるので嬉しくなります。
リトミックのレッスンでは、三歳児さんの教室で、とっても単純な動作に子どもたちがきゃっきゃっと笑って「楽しいね~」「面白いね~」とお友達同士で言っているのがなんともほほえましく笑いを誘います。
つい一ヶ月前に、お母さんの手から離れて集団生活を始めた子どもたちが、もうお友達と共感しあって会話をしています。なんだか嬉しくそんな場面にもつい感動してしまいます。

それから、次の四歳児さんの教室では、リズム遊びの「変身ごっこ」でとてもびっくりする場面を見てしまいました。
「かえるさん」に変身して私の弾くピアノに合わせて表現していたある女の子が、とびっきりの笑顔でかえるさんに変身してとびあがっていたのですが、バランス感覚もまだ不十分な四歳児さん、・・・ぴょーんと勢い余って顔から落ちました・・・「あっ
私はびっくりして・・・ピアノを止めようかなと思いましたが、痛かったはずなのに、その子はニコニコ笑顔変わらず、むくっと起き上がってまたかえる跳びはじめました。
かえる跳び失敗したけど、かえるさんのままだったのです。身も心も変身している
「すごい!」楽しいときは、痛さは気にならないのね~。夢中になってリズム遊びを楽しんでくれている子どもたちを見て心が温かくなりました。嬉しいなぁ~楽しいなぁ~。

さて、今週末は娘の体育祭です。3年生の競技は、保護者の希望だったフォークダンスは却下され、長縄跳びになりました。お兄ちゃんの時はダンスで会場が盛り上がったのに・・・ちょっと残念
クラス対抗の長縄跳び、毎朝朝連のため早く出かけています。
徒走・・・というか綾佳は中距離の800㍍走。それから400㍍リレー、クラス対抗リレーでも大事なポジションらしく、えらく緊張しています。
中学生最後の体育祭、楽しんで欲しいですわ

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント