FC2ブログ
2011_08
15
(Mon)10:53

献歌

本日

今年のお盆は叔父さんの初盆の会があり・・・この日のために作詞作曲した曲を「献歌」をさせていただき、姪っ子としてとても貴重な機会をいただきました。

曲は・・・妻として、亡くなった夫への思いを歌に表現した、「あなたへ」~感謝を込めて~

長く連れ添ってきた夫を失って、しばらく経った今だからこそ少し心の整理がつき、こんなふうに言葉を向けることができるのかもしれない・・・そんな思いで歌いました。
叔母さんが号泣され、会に参加された皆さんの涙を誘いました。

実は、曲作りに至る、ある不思議な流れがありました・・・
母方の実家で、親戚一同「あんちゃん」と親しまれていた叔父さんが、突然倒れてそのまま亡くなられたのが今年の春。その叔父さんの妻S叔母ちゃんと、数年前に叔父さんが他界しているA叔母ちゃんのお2人と、私はたまたまの機会で、お盆の三週間前にあたる7月の下旬に、一緒に食事をしました。

お2人の会話は、沈み込むような悲しみを抱えて・・・という感じではなかったのですが、夫を失った寂しさや悲しさ・・・それはなんともいえない、亡くなった夫への愛をひしひしと感じずにはいられないお2人の会話でした。なぜか私は「天国にいるあなた~」と歌が浮かんできました。
お2人のお気持ちを歌で現したい~その日の夜に、歌詞がぱっ~と浮かんできました。メロディーはボイスレコーダーに録音しました。

ここまではよかったのですが、忙しい日常生活に戻り、曲を完全に楽譜におこし仕上げるまでは全然至っておりませんでした。
そんなこんなでバタバタと過ごしていた8月始めに、S叔母ちゃんから、連絡がありました。
「よかったら由美子ちゃん、歌って。何でもいいよ~千の風なんかいいね~」
私は、曲を仕上げなきゃ!!!と思いました。叔父さんから「曲を完成させて」と背中を押されているような気がしました。

バタバタの毎日の中、隙間時間に少しずつ楽譜におこして曲を仕上げ、テープでもいいから伴奏で歌ったほうがいいかなと、ピアノ伴奏を創って録音したのが前日の深夜・・・ぎりぎりセーフでした。

曲作りはまだまだ日が浅いのですが、良い曲が出来たと思います。
娘の綾佳が、メロディーや歌詞、テンポなど・・・それとなく自分の感想やアイデアをくれて、スムーズにいかなかった箇所にヒントをくれました。

歌い終わった後に、S叔母ちゃんが「ありがとう~」とハグして下さり、A叔母ちゃんは席を立って私に一礼してくださいました。また叔母ちゃんの妹さんにあたられる方が歩み寄ってくださり、「よかったよ~私も13年前に夫を亡くしているから、歌の歌詞が私の気持ちと重なって・・・未だにまだ夫を思うとよ~」・・・私は夫婦というものの深さを改めて感じました。

神様、ありがとうございました。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント