FC2ブログ
2014_03
01
(Sat)19:11

娘。卒業♪

娘が、高校卒業!!!  記念すべきOnly女子最後の学年の卒業。
IMG_20140301_111633.jpg

IMG_20140301_130528.jpg

私にとって母校でもある思い出深い校舎、後輩たちが奏でる校歌、クラスにての子どもたち一人一人のスピーチに、感動。いっぱい涙を流しました。特に娘のスピーチには・・・
どんな思いでスピーチしたのだろう~。
IMG_20140301_131513_20140301185638afc.jpg

いろんなことがあった三年間、母親としても良き経験と感動を娘からたくさんもらいました。
IMG_20140301_131529.jpg

一年生の5月に、突然の体調不良に陥り、バラ色だったはずの高校生活がとても大変な時間へと変化しました。
思うように身体が動かず、勉強と部活の両立も大変でした。

私も、それ以降は朝から第一高校まで送迎をすることになり、ラッシュ時間帯の往復。約二時間かかって、自宅に10分滞在の仕事に向かう、夜は毎日娘をマッサージ・・・あの一年間は本当に私にとっても心身ともに、大変でした。
でも、そんなときの親の気持ちって、自分よりもまず子どもです。

バドミントンをしっかりやりたいために、わざわざ遠い第一高校を選んで、こんな状態。彼女の心模様を思うと今でも涙が湧いてきます。でも二度の休部を経て・・・それでも部活を最後まで辞めなかった娘。個人戦に、出してもらい、団体戦では、先生のベンチ枠を譲ってもらい、同じフロアでの応援。とても心に残ったと思います。それでも本当は団体戦の試合に出たかったと思います。

本来であれば、もっと実力を発揮できるバドミントンの力量はあったと思うのですが、体調がなかなか思うようにいかずに何度も彼女の葛藤と、涙を目の当たりにして、本当に、私にできること・・・で、寄り添ってきた三年間でした。
それも今日で卒業です。

昨年、私が味わったことの中から決断した、私の自立への行動。
これは、まだ娘には理解してもらえない部分があると思います、いろんなことを思い考えていると思いますが、彼女のためにも、これからの彼女の自立・自律した大人への成長に願いを込めて、愛を持って、少しずつ関わり方を変えていきます。彼女には、彼女の学びとご縁が繋がっていくことと思います。
依存から自立へ。もう子どもも、巣立つ時期です

それでも、これだけは今、本当に心から思います。
綾佳さん、ありがとう!!!
IMG_20140301_171625.jpg

今日は、卒業式後に、バドミントン部の後輩たちとの交流試合&お別れ会。それが終わって帰宅かと思いきや・・・
「お母さん、これから友達と夜間開放の体育館でバドミントンしてくる~」と電話がありました。
ご馳走準備、なんとなくの直観で控え目にしてて良かった。
我が家での卒業祝いは延期です

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント